まつでぃ録

日常の中で感じたこと、考えたことなどをつらつらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四国・山陰ツーリング:0日目(2013/9/16)

研究室の報告会を済ませて、ツーリングの準備を始めたのは昨日からだったかしら。
長期間研究室を開けるということで、残ってた仕事を片付けつつも必要なものの列挙や買い出し,ツーリング先の下調べなどなどして気づけば夕方。
積載を終え、旅を始めよう。
 
 
今回の目的地である四国カルストへは、フェリーを使ってショートカット。
大阪南港から愛媛の東予港までオレンジフェリーが出ていて、東予港からすぐさま石鎚山に登ることができる。
個人的には六甲―新居浜の航路でもよかったのだけれど、祝日等の関係上、乗ることができなかった。
近年のフェリー事情は深刻で、廃止や休止,縮小などが相次いでいるという話を頻繁に聞くようになった。
車での移動がどんどん増え、その移動手段に合わせた離島間への橋も建設されて、交通網が発達してきている。
それはそれで便利で良いことなのだけれど、やっぱり私はフェリーが好きな性質で、あの素朴な雰囲気が旅を最高に盛り上げてくれるんだ。
あと、やっぱり時間を効率的に使うには有効な手段で、今回乗るオレンジフェリーも22:30大阪南港発―6:10東予港着といったように、寝ている間に移動して目的地に到着できる。
料金だって電車と比べて同じくらいかむしろ安いくらいで、大阪南港-東予港間なら2等客室と自転車で6000円ぽっち。
そんなわけで、いろいろと魅力的なフェリーをツーリングでは積極的に使うようにしてるんだ私は。


この日はちょうど深夜から朝方に近畿圏を台風が直撃した日で、午前中は新幹線を含め、在来線の停止,遅延はひどい状態だったのを、ツイッターのTLで眺めていた。
台風が去ったから雨は止んでいるものの、依然として風は強いまま。
フェリーというのは意外と強風に弱いもので、強風が吹いていたために休航になってツーリング計画を変更せざるを得ない場面が今まで何度もあった。
今回は最初の移動手段がフェリーなだけに、ここで休航になってしまってはそもそも旅が始まらない。
頻繁にフェリー会社のHPを覗いて今日の運行状況を確かめては不安に駆られてばかりだった。

夕方、台風が過ぎ去ってからだいぶ時間が経ち、少し風が弱くなってきたにも関わらず、フェリーが未だに運航予定にあることを確認して、今日のフェリー出航を確信。
自転車への荷物の積載を完了させ、身支度を整える。



日が落ちてしばらくした19時半頃、自宅から大阪南港に向けて出発。
距離はおよそ25 km。
大阪の道といえど、ゆっくり走って1時間半もあれば十分到着できる距離。

大阪市方面に向け、慣れ親しんだ道を走りだす。
途中、淀川を越えるところ。
DSC01311.jpg

川の水が増水して堤防が完全に水没している。
見なれたサイクリングロードやサッカー場が完全に水の底だった。
いつもと完全に変わっている景色と、その漆黒の川面にぞっとした。

兵庫に住んではいるものの、夜の大阪は割かし慣れ親しんだもの。
DSC01312.jpg

野田阪神まではR2でいつもの道。ここからは新なには筋を通って南下。
自転車を始めたころはおろおろして戸惑っていた大阪の道を、堂々と走る。


DSC01318.jpg

DSC01317.jpg
主要道を離れてフェリー乗り場に向かう道。
やはり一般的な横道とは違った雰囲気が広がる。
徐々に広くなる道幅,間隔の長い信号,あからさまに減る交通量,相対的に増える大型トラック,漂う磯の香り・・・

DSC01319.jpg
胸が高揚してくる。
旅が始まる。

DSC01320.jpg
予定通りの21時ごろ、フェリーターミナル到着。
切符売り場で今日の混雑状況をお姉さんに聞いたところ、あまり混雑していないとの話だったので迷わず最安の2等指定に。
お金の使い方としては、できるだけ宿代を節約して観光費やご当地名物で贅沢するのが旅を安く、でも最大に楽しめる方法だと思ってる。貧乏学生のツーリストとしては。

DSC01321.jpg
乗船の瞬間。
最高にわくわくする瞬間だ。
ここから今回の旅が始まるんだ。

乗船して宿泊ポジションを確認した後にまずすること。フェリー内の探検。
DSC01328.jpg

とはいっても、特段変わったフェリーなんてのはなかなかお目にかからない。
フェリーごとに気になるのは甲板の構成かしら。
乗客が行ける領域ってフェリーによっていろいろあるのだけれど、この懐の深さでフェリーから撮れる写真の角度が変わるんだ。
DSC01325.jpg

DSC01326.jpg
このフェリーはまあまあといったところ。
フェリー後方に空間が広がっていて、いい感じに写真が撮れる可動領域がありそうだ。

DSC01327.jpg
フェリーから見渡すは大阪南港の夜景。
はじめて来た場所だったけれど、そんなにごちゃごちゃしてない。
いい港だと思ったよ。

DSC01331.jpg
定刻通りにフェリーが出航。
大阪の街並みが遠のいていく。

出航した時点で夜の10時を超えていた。
早く寝なくちゃ。

DSC01333.jpg
受付のお姉さんの話通り、2等客室はガラガラだった。
定員15人くらいの部屋が6室ぐらいあったにも関わらず、乗客はたったの4人。
そのせいか、わざわざ1室に集められている。
1人1部屋でもいいんじゃないですか。
掃除が大変ですか。

少しだらだらしつつも11時に消灯したのでおやすみなさい。


明朝、四国の旅が始まる・・・
 
スポンサーサイト
  1. 2013/10/06(日) 21:20:45|
  2. 四国・山陰ツーリング2013夏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<四国・山陰ツーリング:1日目(2013/9/17) | ホーム | 四国・山陰ツーリング:下準備編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://matud3.blog.fc2.com/tb.php/13-c25b2022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。